« 優待株投資への近況(2020年5月末) | トップページ | 2020年6月 積立投信を弄る »

2020年5月31日 (日)

積立投資の現状報告(20年5月)

昨年に書いた2020年の投資計画

http://haruka2007toshi.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-56aa99.html

 

これですが、既に3月辺りから内容が大きく変わってしまっています
ええリスケですよorz……

2月以降のコロナショックを受け、結構いじりました。今は以下の通り……
新しくいれたものが太字。月に約6万円を投じています。

  • つみたてNISA 月33,400円
    • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) 月20,000円
    • フィデリティ ターゲットデート ベーシック2050 月5,000円
    • ニッセイ外国株式インデックス 月4,000円
    • DCニッセイ ワールドセレクト 安定型 月3,000円
    • eMAXIS Slim 全世界株式(3均等) 月1,000円 
    • 楽天全米株式インデックス 月400円
  • iDeCo 月12,000円
    • eMAXIS Slim 8資産均等 月4,800円
    • セゾン資産形成の達人ファンド 月4,800円
    • あおぞら銀行1年定期 月2,400円
  • 特定口座 月15,000円
    • 住信SBIネット銀行米ドル預金積立 → SBI証券 NYSE or NASDAQ ETF 月10,000円
    • iFree NEXT NASDAQ100 月2,300円(日100円)
    • iFree レバレッジ NASDAQ100 月2,300円(日100円)
    • eMAXIS Slim 先進国株 月400円

 

とりあえず変化としては、NASDAQ100の一般投信や米国ETFの手動積み立てなんかを組み入れたこと。
iDeCoでは8資産バランス投信を組み入れて運用を多角化し、逆につみたてNISAでは株と債券のみに絞りました。

ETFを月1万円(もしかしたら翌月繰越とかあるかも)ながら手動で買っていくのは、投資への心くすぐられる要素みたいなものでいれたところです。今年は減収になりそうだから、このあとiDeCoは削るつもり。まだまだ迷走しそうです。(´・ω・`)

« 優待株投資への近況(2020年5月末) | トップページ | 2020年6月 積立投信を弄る »

投資スタイル」カテゴリの記事

投資信託」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。